SBC(シングルボードLinuxコンピュータ)|DSP・SBC・コア技術シングルボードLinuxコンピュータ AD7011

シングルボードLinuxコンピュータ AD7011製品画像

AD7011はプロセッサにi.MX31コアを採用した多用途向けLinuxSBCです。
計測制御に欠かせないリアルタイム拡張(Xenomai)付きLinuxを搭載することで高速処理を実現しました。またメモリ・I/O・LCD等通常のPCとほぼ同等の機能が使用可能な上、計測制御に必要な機能も充実しています。
AD7011は本体に多くのI/Oを装備していますのでI/Oボードの設計が容易な上コストダウンを可能にしています。また開発時や販売時にかかるライセンス費の負担が一切ありませんのでトータルコストを低く抑えることができます。
アプリケーションソフト開発に必要なツールは標準で付属しておりすぐに開発がスタートできます。ツールの中に当社独自の画面、GUI作成ソフト(VirturalDSPConsole)も付属しており短時間でLCDタッチスクリーンの画面設計を容易に行えます。 AD7011は組み込み機器用途では重要な長期間安定した供給を可能にしています。

  • プロセッサにi.MX31を採用、多用途、高速処理を実現可能にしたLinux SBC
  • 計測制御に欠かせないリアルタイム拡張(Xenomai)付きLinuxを搭載
  • 多くのI/OをAD7011(SBC)に装備しているためI/Oボードの設計・製作が容易
  • 豊富なI/Oに対するLinux Driver及びMATLAB/SimulinkのS-Functionをサポート
  • LCDタッチスクリーンの画面やGUI作成が容易にできるソフトを標準装備
  • 組み込みに最適な小型(70mmx70mm)サイズ
  • 低消費電力(3.3V単一電源 消費電流 約600mA)
  • ライセンス費が不要
  • 長期安定供給

製品仕様

CPU Freescale i.MX31
ARM1136JF-S(532MHz), I/D Cache 16KB/16KB, L2 Cache 128KB
浮動小数点コプロセッサ(VFP)
メモリ DDR SDRAM 128MB、NOR 16MB(OS用)、 microSD(アプリケーション用)
I/O LCD I/F(VGA/QVGA)
タッチパネル I/F
UART 5ch(1.8Mbps Max)
サウンド(ステレオライン入出力、モノラルスピーカー出力)
CSPI(SlaveSelect 3本)
外部拡張バス(32bitデータバス、割込み入力)
GPIO(12bit)
Watchdog出力
Ethernet 1ch 10BASE-T/100BASE-TX AutoMDIX対応(AX88796B)
USB 2ch(USB2.0 Host, On The Go)
SD/MMC I/F
最大8×8キーマトリクス
I2C I/F 2ch
1-Wire I/F 1ch
EEPROM I/F(ベースボード情報)
JTAG(PLD書込み、i.MX31デバック)
基板サイズ 70mm×70mm
電源 3.3V 600mA(Typ)、3.0V(バックアップ用)
使用温度範囲 0~70℃
  • ※ AD7011-EVAの回路図を参照してAD7011を使用した回路設計をお考えになる際は、事前に弊社までお問い合わせ下さい。