50gデイリィダイエット 体重のおはなし (横浜市立大学医学部教授 杤久保先生監修)

『50gデイリィダイエット』のポイント

1日2回、朝と夜の体重をはかって、毎日グラフにつけましょう

朝と夜の体重をはかりましょう画像

朝は、起床後排尿・排便を済ませてからはかり(基礎体重)、夜は夕食後すぐ、または就寝前にはかります。
1日の体重の増減を振り返り、その日の行動をメモしておくことが大切です。

1日50g減量を目標にしましょう

毎日ゆっくりと減らすことで、リバウンドの防止にもなり、身体にも負担をかけません。
基礎体重を1日50gずつ減量できれば、1ヶ月で1.5kgの減量に成功することになります。

夜の食べすぎ防止に、寒天料理を活用しましょう

夜は基礎代謝が減るので、夕食の量を控えめにしましょう。
夕食前に寒天を食べることで、低カロリーで満腹感が得られ、食べすぎ防止にもなります。

ウォーキングなどの運動を取り入れましょう

食事制限だけのダイエットでは筋肉も落ちてしまいます。
筋肉量を減らさないためには、手軽に始められるウォーキングが最適です。1日8千~1万歩を目標に歩いてみましょう。

基礎体重って?

基礎体重とは、排泄を済ませた後の朝の体重のことです。
1日に50gずつ減量していくためには、基礎体重と夜の体重差を600g以内にとどめましょう。1日200gの寒天を摂取したときには、800gまでが許容範囲となります。

杤久保先生のワンポイントアドバイス画像

体重の落ち方が停滞しても、焦らず続けよう

体重が減りだしてしばらくすると、体重が減らなくなる停滞期がやってきます。これは、身体がその体重に慣れようとしている時期なのです。
一時的に基礎代謝量を減らしているだけなので、体重が減らなくなっても今までどおりの方法を 焦らずに続けていけば、また体重が減るようになります。