血圧のおはなし

どうやって減塩するのか?

塩分の過剰摂取をやめることは体にとって良いことですが、塩分の摂取量を急激に減らしてしまうと交感神経の緊張を起こしたり、細胞外液(細胞外に存在する体液)が減少して抵抗力が弱くなったりしてしまいます。

減塩を始める前に、まず自分がどの程度の塩分を摂取しているのかを知る必要があります。

1日に摂取する塩分量を調べるためには、3日間の食事内容を間食も含めて全てリストアップし「食品成分表」を参考に、塩分含有量を調べて合計して行き、平均値を算出します。

高血圧の人の場合、1日の塩分摂取量の目標値は男性が8g/日未満、女性が7g/日未満です。この数値を超えている場合は、1日1~2g程度の減塩から始めることをお勧めします。

血圧を下げる食品ってあるの?

ナトリウムを取りすぎると血圧が上がりますが、このナトリウムを体外へ排出する働きがあるのがカリウムです。

リンゴ画像

カリウムが豊富に含まれている食品は、リンゴ・オレンジ・バナナや、ほうれん草・里芋・枝豆・たけのこ・じゃがいも・人参などが挙げられます。但し、腎機能が既に低下している人は、カリウムを過剰に摂取するとカリウム血症を招く恐れがあります。また、肥満の人や糖尿病の人はくだものに含まれる果糖を取りすぎるとよくありませんので、事前に専門医にご相談することをお勧めします。

ページ内文書参考:厚生労働省高血圧ホームページ、ほか