DSP 高速演算処理装置|DSP・SBC・コア技術計測・制御・システムコントローラ AD5450

AD5435

計測・制御・システムコントローラ
AD5450について

車載使用を目的に設計されたRPTプラットフォーム

シミュレーション実行とインターフェース部分を別々のCPUで行なうマルチCPU構成により、安定した動作が可能。
弊社ADXシリーズとシームレスな環境を提供する事により、ECU設計から試験までスムーズに移行可能です。

ECU開発の設計からハード/ソフト開発まで、シームレスに行なうプラットフォームをシリーズで用意。
AD5450シリーズの利用により、車載試験をスムーズに行なう事が可能になります。

実車型ラピッドプロトタイピング AD5450シリーズ

マルチCPU

SH4(SH7750R/200MHz)×2
エンジン角度同期処理と時間同期処理が互いを干渉することなく完全独立

AD5430シリーズとシームレス環境

AD5431/AD5435から継承する豊富なI/O群の継承

車載型RPT

耐環境性を考慮した、オールイン型ECU

ALLカスタムI/O

ECUに必要な全ての機能を実装、ディーゼルエンジンに必須の噴射ノズル制御、エンジン角度にぴったり追従

AD5450

AD5450仕様

CPUボード
CPU SH4 200MHz×2基
メモリ RAM 128MB×2
コンパクトフラッシュメモリ 128MB×2
OS RTOS
表示 なし(ただし、LEDによるステータス表示あり)
キーパネル なし
データ通信 Ethernet
電源 12V/24V
入力電源電圧範囲 6~30V(電源12V)
最大入力電圧 60V(電源12V)
消費電力 8.4W(電源12V 0.7A 無負荷時)
環境
使用環境 車内(室内、トランク)
動作温度範囲 -40~85℃(開発中)
寸法 250(W)×230(D)×71(H)mm
重量 約4kg
AD5450 寸法図
AD5450 寸法図画像
AD5450 A&D製RPTの流れ
AD5450 A&D製RPTの流れ画像