DSP 高速演算処理装置|DSP・SBC・コア技術計測・制御・システムコントローラ AD5435 I/Oボード

AD5430-01 汎用A/Dボード

シングルエンド 16ch、16bit分解能
256kデータ分のバッファメモリを搭載して連続データサンプリングが可能。

  • サンプリング:最高100kHz(1ch使用時)、 最高5kHz(16ch使用時)
  • 入力レンジ
    • ユニポーラ入力 0~+1V、0~+6V、0~+12V
    • バイポーラ入力 0~±1V、0~±6V、0~±12V
  • 入力インピーダンス:1MΩ以上
  • バス絶縁
  • 確度:各レンジ±0.1%/F.S
AD5430-02A / AD5430-02B 汎用D/Aボード

シングルエンド電圧出力
AD5430-02A 8ch、12bit分解能 / AD5430-02B 8ch、16bit分解能

D/A機能として、コントロールCPUからの出力指示値をアナログ出力(電圧8ch)する。
ユーザー定義波形出力機能として、ボード上のメモリにおいた指示値を内部/外部の送出タイミングでアナログ出力(電圧4ch)する機能を持つ。

  • 波形出力機能(WG機能):内部メモリ記憶データを連続アナログ出力(4ch)
  • 変換速度:10μs/ch(100kHz)
  • AD5430-02A
    • ユニポーラ出力 0~+1V、0~+5V、0~+10V
    • バイポーラ入力 0~±1V、0~±5V、0~±10V
    • 確度:各レンジ ±0.1%/F.S
  • AD5430-02B
    • バイポーラ入力 0~±1V、0~±5V、0~±10V
    • 確度:各レンジ ±0.1%/F.S

AD5430-03 Digital I/Oボード

フォトカプラ絶縁入力32点、フォトカプラ絶縁オープンコレクタ出力32点

  • 入力形式: フォトカプラ絶縁による電流駆動入力(シンクタイプ)(負論理:入力が"L"の時、CPUへ渡すデータが"H")
  • 入力電圧:12V~24V ±15%
  • 出力形式: フォトカプラ絶縁によるオープンコレクタ出力(シンクタイプ)(負論理:CPUから"H"を書き込むと"L"を出力)
  • 最大負荷電流:100mA(1点当たり)
  • 応答時間:1ms以内
AD5430-07 熱電対ボード

熱電対入力(K、T、J)熱電対8ch計測 、計測速度 250msec/8ch、4回計測/秒 、AD5435本体の2スロットを使用

  • 熱電対(K、J、T)または、電圧(±200mV、±2V、±21V)
  • 測定範囲
    • K : -200.0~1370.0℃
    • T : -200.0~800.0℃
    • J :-200.0~1100.0℃
    • ±200mV : -200.0 ~200.0mV
    • ±2V : -2.000 ~2.000V
    • ±20V :-20.00 ~20.00V

AD5430-10 4ch A/D・D/Aボード

4ch A/Dと4ch D/Aを一枚のボードに搭載。

  • A/D部
    • サンプリング:最高100KHz(1ch時)
    • 入力レンジ:±1V、±5V、±10V
    • 入力インピーダンス:1MΩ以上
    • 分解能:16bit
    • 確度:各レンジ ±0.1% of F.S
    • フィルター:スルー/1kHz(3次バターワース)
    • トリガ検出:内部/外部トリガ
  • D/A部
    • 変換速度:50μs/ch
    • 出力レンジ:0~±1V、0~±5V、0~±10V
    • 分解能:16bit
AD5430-11 6軸エンコーダ入力ボード

パルス出力付きエンコーダ入力ボード
ステッピングモータ及び(パルス列入力方式の)サーボモータの位置決めを行うコントロールボード

  • 1枚のボードで6軸分の入出力が可能
  • エンコーダ入力は、1軸あたりA、B、Z相の3信号を入力する
    エンコード入力回路はラインドライバ(差動)接続
  • 出力は、1軸あたり2つのパルスを出力する
    制御対象にステッピングモータおよび、サーボモータドライバ(パルス列入力方式)を想定する
    パルス出力はラインドライバ(差動型)で出力する
  • 最大カウント数:1軸当たり32bit
  • 応答周波数:最大1.25MHz(1逓倍) 4逓倍は5MHzの選択可能
  • 出力速度範囲:0~2,000,000PRS
  • 出力論理:正論理・負論理の切替え可能

AD5430-12A タイミング検出ボード

エンジン回転角度を元に点火パルス、噴射パルスを発生。
本ボードのタイミング信号をクロックマスターにAD5435のモデルを駆動することが可能です。

  • AD5430パルス入出力ボードに機能実装する
  • 1枚のボードに1クランク軸相当の入出力を装備する
  • 入力
    • クランク角センサ信号、欠け歯パルス列
    • 追い歯パルス列入力又は、Zパルス入力
    • 気筒判別パルス入力又は、TDC位置パルス列入力、位相差パルス入力
  • 出力
    • ファンクションパルス出力信号 16点
    • タイミングパルス出力信号 1点
    • 計測ゲートパルス出力信号
AD5430-13 PWM入出力ボード

多チャンネルPWM入出力ボードコンパレータ機能、PWM入出力機能を搭載。

  • PWM出力:14ch
    TTL出力、出力周波数範囲0.1Hz~20kHz
  • PWM入力:14ch
    TTL入力、計測周波数0.1~20kHz
    周波数及びデューティー測定又はON時間・OFF時間計測、エッジカウントモード
  • コンパレータ:5ch

AD5430-17 車載ネットワークボード

複数の車載用ネットワーク(CAN、シリアル、K-LINE、LIN)を搭載した通信用ボード

  • CAN:4ch
    ボーレート:5k~1Mbaus チャンネル個別に設定可能
    HighSpeedCAN、SingleWireCAN対応(出荷時に選択)
  • CAN CCP通信:1ch
    ボーレート:5k~1Mbaus チャンネル個別に設定可能
  • シリアル通信:4ch
    RS-232C、RS-422/485(半2重)、RS-422/485(全2重)、TTLからソフトにて選択
    ボーレート:5k~1Mbaus チャンネル個別に設定可能
  • K-LINE通信:1ch
    ボーレート:5~10.4kbaud
  • LIN通信:4ch
    ボーレート:2400/9600/19200baud
    マスタ/スレーブ ソフトにて選択
AD5430-18 3相PWMモーター制御ボード

レゾルバ入力に対応した3相PWMモーターコントロールボード

  • レゾルバ入力部
    • R/Dコンバータ:AU6802NI レゾルバ/デジタル変換IC (多摩川精機社製)
    • 変圧比:0.286又は0.5
    • 出力インピーダンス:10Ω以下
    • 出力励磁信号:10kHz/20kHz 20Vp-p
    • 最大角速度(電気角):240,000rpm
    • ※ご使用のレゾルバの仕様をご確認下さい。 変圧比、出力インピーダンス、出力励磁信号はレゾルバに依存します。
  • アナログ入力部
    • 入力:4チャンネル差動入力 入力レンジ±5V 16bit分解能
    • サンプリング:最高40kHz PWMキャリア波に同期したサンプリングが可能
  • PWM出力部
    • 制御軸数:6チャンネル差動出力(UH、VH、WH、UL、VL、WL)
    • 出力電圧:0~5V
    • キャリア波:三角波(MAX20kHz)

AD5430-20 100kHz 8chA/Dボード

100kHz、8ch同時サンプルの高速A/Dボードロータリーエンコーダパルスに同期してアナログ信号をサンプリング可能。

  • アナログ入力
    • チャンネル数:8ch
    • 入力レンジ:±2V、±10V
    • 分解能:16bit
    • サンプリング周波数:1Hz~100kHz 1Hz単位で任意設定可能(8ch同時サンプリング)
    • DC精度:±0.1% of Range
  • ロータリーエンコーダ/外部トリガ・外部クロック・ゲートパルス入力
    • チャンネル数:3ch
      (Z相/外部トリガ、A相/外部クロックパルス、B相/ゲート計測パルスをソフトにて切替)
    • 入力形式:シングルエンド
    • 入力電圧:HIGHレベル 3.5V~5V LOWレベル 0V~1.25V
AD5430-20-2(AD5430-20 用動歪アンプ)
AD5430-71 AUDインターフェイスボード

SH-2 CPUのAUD(アドバンスド・ユーザー・デバッガ)機能とAD5435をインターフェイスするボード。
PAM値モニタ機能を搭載。


AD5435-01 RemovableStorePack

収集データをコンパクトフラッシュに保存するためのインターフェース。コンパクトフラッシュメモリーに保存されたデータをWindows上で読み込むことが可能。

  • CF(コンパクトフラッシュメモリー)Type1,Type2に対応
  • AD5435リアパネルから容易に着脱可能 (ホットスワップには対応しておりません。)
  • バイナリファイル形式保存 (保存されたバイナリファイルをCSV形式に変換する ユーティリティーを同梱)
  • 連続収集可能時間 約8分以上 (1GBコンパクトフラッシュ使用時にてサンプリング50kHz、入力4chの場合)
    注) 推奨コンパクトフラッシュ SanDisk社製 Extreme・及び同等品
    注) コンパクトフラッシュは別途ご用意下さい。
    注) 工場出荷時オプション(既にご購入済みの製品へのオプション追加は、弊社担当営業にご相談ください。)