データアクイジション装置 オムニエースⅢ RA2800A

データアクイジション装置 オムニエースⅢ RA2800A

"誰でも現場ですぐ測定"32ch入力で抜群の操作性。オムニエースに縦型・多チャネルタイプ登場!!

  • ※使用可能なUSBメモリについて
    メーカ等による制限はありませんが、セキュリティ機能がついたものは認証処理ができないため使用できません。セキュリティ機能のないものを御使用下さい。
    特にパスワード入力用ウィンドウをユーザが起動する形式のものは起動メニュー(エクスプローラ)が使用できないためパスワードが入力できず使用できません。
    パスワード入力用ウィンドウが自動的に起動するものでも、パスワードの入力にはUSBキーボードを接続する必要があります。

特長

多チャネル計測

様々なセンサ出力を最大32ch(16スロット)まで入力可能。更に、各種タイミング信号の計測用にロジックを16入力準備。

簡単ペンレコーダモード搭載

アンプ設定画面のビジュアル化&タッチパネルにより、ペン書き記録計の操作性を実現しています。最高50mm/sで高品位の記録が可能。

ダイナミック波形の大画面表示

12.1型カラー液晶ディスプレイを採用。測定データの視認性を大幅に向上しました。

長時間連続のハードディスクレコーディング

収録速度10ms、入力チャネル数32ch時約60日分の収録容量を確保。

APアンプシリーズ継承

電圧、ひずみ、温度、振動、圧力、F/Vなどの様々な入力信号に対し、11種類のAPアンプを継承。

簡単操作

アンプ設定画面ビジュアル化、感度自動調整用の"オート機能"を搭載しました。定評あるタッチパネルと併用して確実なデータ収録と簡単操作を実現しています。

LAN、USB標準装備

LAN(100BASE-T)をデータ通信用、USBをストレージデバイス用として標準装備しています。

用途に応じた測定モードの選択

ペン書き記録計の操作性を実現した「ペンレコーダ」、ハードディスクへ高速長時間収録する「HDレコーダ」など5種類の測定モードを準備しています。計測目的ごとに測定モードを特化しているため、測定手順が明解で確実にデータ収録・記録が行えます。

用途に応じた測定モードの選択
簡単ペンレコ-ダ

ペンレコーダは、ペン書き記録計の操作性を実現した測定モードで、ペンが画面上に波形を記録するイメージで表示されます。また、タッチパネル上でペン書き記録計同様のアンプ及び紙送り速度(100mm/s〜1mm/min)の設定を行うことが可能です。

簡単ペンレコ-ダ
HDレコーダ:長時間収録に最適

標準装備のHD(40GB※1)に長時間のデータ収録が行えます。収録したデータはデジタルデータとして保存されるため、記録紙では行えない記録後のデータ解析や長時間のデータ管理が行えます。1ch使用時最高1µs、16ch使用時最高10µsの高速で収録できます。 収録にはサンプル形式とピーク形式を選択できます。ピーク形式では収録間隔より早いサンプリングの最大―最小値がデータに反映されているので遅い収録間隔でもその間にうもれたデータを漏れ無く収録できます。

  • ※1:40GBはシステム領域5GBを含んでいます。
HDレコーダ:長時間収録に最適
ハードディスクへの収録容量
サンプル速度 容量2GB 容量35GB
1ch使用時 16ch使用時 1ch使用時 16ch使用時
1µs 16.7分 4.86時間
2µs 33.3分 9.72時間
5µs 1.39時間 24.3時間
10µs 2.78時間 10.4分 2.03日 3.04時間
20µs 5.56時間 20.8分 4.05日 6.08時間
50µs 13.9時間 52.1分 10.1日 15.2時間
100µs 1.16日 1.74時間 20.3日 1.27日
200µs 2.32日 3.47時間 40.5日 2.53日
500µs 5.79日 8.67時間 101日 6.33日
1ms 11.6日 17.4時間 203日 12.7日
2ms 23.1日 1.45日 405日 25.3日
5ms 57.9日 3.62日 1013日 63.3日
10ms 116日 7.23日 2026日 127日
メモリレコーダ:高速現象の収録

本体内蔵のメモリ(2MW/CH)に高速(max1µs〜)でデータを収録するモードです。 未使用チャネルのメモリも有効に活用できるため、1チャネルで使用する場合、最大32MWのメモリ収録が可能です。 また、豊富なトリガ機能により、様々な条件で計測ができます。

トリガモード
  • OR・・・設定した何れかのチャネルがトリガ条件に達したときに発生。
  • AND・・・設定した全てのチャネルがトリガ条件に達したときに発生。
  • WINDOW・・・設定したチャネルの信号レベルが設定範囲に入ったとき(IN)、 範囲から外れたとき(OUT)のトリガを発生。
プリトリガ機能
トリガ点を境にし、トリガ点前のデータをメモリ収録することが可能です。 メモリ収録の容量を100%としてトリガ点前後のデータを設定できます。
メモリ収録可能時間
メモリ収録可能時間
サンプル速度 1ch使用時 16ch使用時
メモリ(32MW) メモリ(2MW/CH)
1µs 33.6秒 2.10秒
2µs 1.12分 4.19秒
5µs 2.80分 10.5秒
10µs 5.59分 21.0秒
20µs 11.2分 41.9秒
50µs 28.0分 1.75分
100µs 55.9分 3.50分
200µs 1.86時間 6.99分
500µs 4.66時間 17.5分
1ms 9.32時間 35.0分
2ms 18.6時間 1.12時間
5ms 1.94日 2.91時間
10ms 3.88日 5.83時間
100ms 38.8日 58.3時間
マルチレコーダ:定常現象+突発現象の同時収録

記録紙出力、HD収録、メモリ収録を同時に動作させることができるのがマルチレコーダです。
定常現象を記録紙またはHDで記録・収録しながら、突発現象をメモリで収録することが可能です。

マルチレコーダ:定常現象+突発現象の同時収録
X-Yレコーダ:2つの物理量の相関を表示

任意のチャネル(X軸:1CH、Y軸:3CH)の入力信号をX-Y記録することが可能です。
また、記録紙に高分解能(1600ドット×1600ドット)で出力します。

X-Yレコーダ:2つの物理量の相関を表示

オプション

品名 型式 規格
リモートユニット RA23-144 外部信号によるスタート/ストップ、紙送り用
RS-232Cユニット RA23-142 通信コマンドによる制御または無停電電源シャットダウン用
ACブリッジ電源ユニット RA23-143 2chACストレインアンプ用ブリッジ電源

アンプユニット

品名 形式 サンプリング速度 分解能 用途
2ch 高分解能DCアンプ AP11-101 10µs 16bit 高分解能測定時に使用するDCアンプ
2ch 高速DCアンプ AP11-103 1µs 12bit 高速測定時に使用するDCアンプ
2ch ゼロサプレッションアンプ AP11-111 10µs 16bit 入力信号のオフセット成分をキャンセルし、信号の変化分を取り出すDCアンプ
2ch FFTアンプ AP11-102 10µs 16bit 高周波数成分の折り返しを防ぐDC&振動アンプ
イベントアンプ AP11-105 1µs 電圧のH、Lまたは接点のオープン、クローズを記録するアンプ
2ch TC・DCアンプ AP11-106A 10µs 15bit 熱電対(R・T・J・K・W)、電圧入力用アンプ
TC・DCアンプ AP11-107 10µs 14bit 熱電対(R・T・J・K)、電圧入力1CHアンプ
2ch ACストレンアンプ ※2 AP11-104A 10µs 16bit 外来ノイズに強いひずみアンプ(ACブリッジ方式)
2ch DCストレンアンプ AP11-110 10µs 16bit DCブリッジ方式のひずみアンプ
2ch 振動・RMSアンプ AP11-109 10µs 16bit 信号の実効値を測定できるDC&振動アンプ
F/Vコンバータ AP11-108 10µs 12bit 周波数(パルス)を電圧に変換するアンプ
  • ※2 オプションのACブリッジ電源ユニット(RA23-143)が必要です。