データアクイジション装置 ユニファイザ(Unifizer) NS3000シリーズ

データアクイジション装置 ユニファイザ(Unifizer) NS3000シリーズ

PCとRA・RMシリーズ・R300シリーズなどをEthernet・USBなどで接続し、各種設定やデータ収録などのリモートコントロールが行えます

特長

  • PCとRAシリーズ・ARシリーズ・TS9100・R300シリーズなどをEthernet・USBなどで接続し、各種設定やデータ収録などのリモートコントロールが行えます。
  • 収録データに対し、CH間演算や四則演算などの各種関数演算が行えます。
  • 自由演算式入力で様々なデータ処理が可能です。
  • データ表示画面には、デジタルデータ、Y-Tグラフ、X-Yグラフ、ビットマップデータを自由なレイアウトで複数表示できます。
  • 収録したデータをCSVファイルに変換して保存できます。変換後のファイルはExcelなどの表計算ソフトで表示できます。
  • 表示画面にコメントや矢印を自由に記入でき、表示イメージをそのままレポートとして印刷できます。
データアクイジション装置 ユニファイザ(Unifizer) NS3000シリーズ 特長 データアクイジション装置 ユニファイザ(Unifizer) NS3000シリーズ 特長 データアクイジション装置 ユニファイザ(Unifizer) NS3000シリーズ 特長

概要

遠隔操作可能
遠隔操作可能

Ethernet上に接続された当社計測器(レコーダ・アンプ・赤外線カメラ)を遠隔コントロールできます。

フロントエンド機能搭載
フロントエンド機能搭載

当社計測器をフロントエンドとし、収録データをパソコンのハードディスクへリアルタイム転送できます。また、パソコンにA/Dボードを組み込むことでパソコンでの直接データ収録も可能です。

容易な各種設定
容易な各種設定

接続された機器の各種設定が容易に行えます。

カスタム画面構成
カスタム画面構成

表示エリアには、Y-Tシート、X-Yシート、デジタルシート及びビットマップを自由にレイアウトすることが可能です。また、各シートは透過率を設定することができます。

複数ファイルの同一画面表示
複数ファイルの同一画面表示

同時に複数の収録データファイルを再生できますので、ファイルを並べて表示しながらデータ比較が行えます。また収録/再生データに対して各種の演算が行えます。

赤外線カメラとの接続
赤外線カメラとの接続

赤外画像の領域指定を行うと、その領域内の最大/最小/平均温度がトレンドデータとして扱えます。
トレンドデータはY-T/X-Y/デジタルシートに表示できます。

データ変換機能
データ変換機能

収録したデータをCSVファイルに変換することができます。変換する範囲を、サンプリングポイント指定、時刻指定やカーソル間指定で行うことが可能です。

演算機能
演算機能

リアルタイム収録中及び測定後のデータに対しCH間演算、四則演算や各種関数演算が行えます。

  1. 係数入力演算(CH間や係数との四則演算、ベキ乗、平方根、絶対値、常用対数、指数、実効値等)。
  2. 演算式入力演算(三角関数、絶対値、指数、対数、平方根、立方根、微積分、移動平均等)。
  3. オンライン演算(積分、移動平均等を除く)も可能。
レポート作成機能
レポート作成機能

研究・開発の現場では、測定された信号波形から数値を読み取り、実験・研究の重要データを導き出しますが、ユニファイザでは、グラフ上に表示されたデータの任意の位置に"カーソルAB間の時間差"、"カーソルAB間のデータ差"、"カーソルAB間の最大値・最小値"、"カーソル読み値"を印字できます。このシートを印刷することによりそのまま実験レポートとして活用できます。

簡単プリント機能
簡単プリント機能

表示画面のイメージがそのままレポートとして印刷できます。
Y-Tシート、X-Yシート及びデジタルシートの背景は白色で印刷されます。

A/Dボードを使ったデータ収録
A/Dボードを使ったデータ収録

マイクロサイエンス社製のA/DボードをPCへ挿入することにより、ユニファイザを使用してPCデータ測定することが可能です。
A/Dボードの前段にAR1000を使用することにより、ひずみ・温度・振動・F/V・電圧の計測システムが構築できます。

A/Dボードについて
メーカ マイクロサイエンス社
形式 ADM677PCI(PCIフルサイズ)
チャネル数 1〜48ch(シングル入力)、1〜24ch(差動入力)
サンプル速度 1〜1000s/ms/µs(最速10µs×ch数)
A/D分解能 16bit/14bit/12bit(選択可能)
入力レンジ ±10V、±5V(選択可能)

仕様

  RA2000用 RA1000用 A/Dボード用 TS9100/R300シリーズ用 AR1000用
PC環境 Windows2000(SP4以上)/ WindowsXP(SP2以上) /Windows7
CPU速度:2GHz以上、メモリ容量:512MB以上
接続可能機器 RA2300/RA2800 RA1100/RA1200/RA1300 ADM677PCI TS9100
R300/R300S/R300Z/R300SR/
R300SR-S/R300SR-H
AR1000シリーズ
インタフェース Ethernet Ethernet・RS-232C PCI Ethernet・IEEE1394(TS9100)、
USB2.0(R300シリーズ)
Ethernet・RS-232C・USB
接続可能台数 混在可能でMAX8台(9台以上の接続は応談) 8枚(1) 1台 混在可能でMAX8台
遠隔コントロール ペンレコーダモード/
HDレコーダモード/
メモリレコーダモード/
マルチレコーダモード
リアルタイムモード/
メモリモード/
ファイリングモード/
トランジェントモード
可能 可能
本体収録最高速度 本体に依存 本体に依存 10µs×ch数 本体への収録機能は未対応 データ収録機能なし
PCリアルタイム収録
転送速度設定範囲
1ms〜1000ms(1ms STEP)、1s〜1000s(1s STEP)(2) 本体収録のみ IEEE1394(TS9100):30/60フレーム/sec
Ethernet(TS9100):1/2/5/10/20/30フレーム/sec(2)
USB2.0(R300シリーズ)
 赤外画像:60フレーム/sec、可視像:7.5フレーム/sec
最大収録サイズ PCの指定HDドライブ空き容量の約半分のサイズまで
リアルタイムデータ
表示機能(3)
Y-T波形、X-Y波形(分割/重ね書き表示)、デジタル表示 赤外画像、可視像(R300シリーズ)
再生データ表示機能 Y-T波形、X-Y波形(分割/重ね書き表示)、デジタル表示 赤外画像、可視像(R300シリーズ) データ再生機能なし
本体収録データ再生可能
再生可能ファイル FSD、FPP、DRT、DATファイル SVT(赤外画像)ファイル、SVX(可視像)ファイル
再生データのカーソル カーソル1、2の読み取り値、時間差、振幅差、カーソル間の最大値・最小値
演算機能 チャネル間演算、べき乗、平方根、絶対値、常用対数、指数、実効値、三角関数、移動平均、微分、積分
自由演算式(以下の関数を任意に組み合わせた演算が可能)
正弦、余弦、正接、逆正弦、逆余弦、逆正接、絶対値、指数、自然対数、常用対数、平方根、立方根、実効値、演算CH指定、べき乗、1階微分、2階微分、1階積分、2階積分、移動平均
ファイル変換 CSVファイルへの変換
以下の条件を指定可能
  • 変換範囲ポイント指定、時間指定(µs, ms, sec)、時刻指定
  • 変換チャネル
  • 区切り文字カンマ(,)、TAB
  • 間引き処理単純、最大値、最小値、平均値、ピーク値
  • ヘッダ情報付加
  • 保存ファイル名
データ再生機能なし
収録条件ファイルの保存/読み出し 任意のファイルに可能
  • 1.パソコンの物理的制約などにより、実装できない場合があります。
  • 2.本体の制約及びパソコンのCPU速度などにより、設定速度で転送できない場合があります。
  • 3.RA1000シリーズでは、リアルタイムモニタ表示はできません。

標準価格

品名 形式名 規格 価格
ユニファイザオンライン用 NS3100シリーズ 詳細はお問合せください ¥198,000〜
ユニファイザオフライン用 NS3200シリーズ 詳細はお問合せください ¥98,000〜